石焼らーめん 火山(栃木県小山市)

今回のお店は、石焼らーめん火山。

栃木県に所用があったのでらーめん屋を検索したら、

石焼らーめんなる文字が目に飛び込んできたので、

思わず訪問してしまいました。

「石焼」

このキーワードに弱いんです。

石焼ビビンパや石焼カレーなどをメニューでみかけると、

必ずオーダーしてしまいます。

あっ、でも石焼いもにはそんなに惹かれません。

さて、お店の外観です。

CAM00294

 

石焼を猛烈にアピールしてますね。

メニューはこんな感じ。

CAM00289

 

値段は若干高めかなと思いきや、

半ライスとミニ杏仁豆腐orカキ氷がもれなく付いてくるとのこと。

わたしは石焼野菜らーめんのしょうゆをオーダーしました。

わたしは初めてのお店では、そのお店の最もオーソドックスなものを選ぶことをモットーとしています。

創業時に試行錯誤して作り上げたであろう、

「これがこの店の基本の味だっ!!」

という店主の魂が込められている気がするからです。

 

待つこと5分ほど。

CAM00290

 

スープがぐつぐつと火山のマグマのように煮えたぎっています。

実はこれ、運ばれてきたときにはスープは別の器だったんですが、

手際の良いお姉さんの手によって、写真を撮るひまも無く、スープを投入されてしまいました。

いやー、でもこの熱々感は半端ないです。

麺は黄色のタマゴ麺で、スープはあっさりの醤油がベースに、

キャベツ・もやし・玉ねぎ・にんじん・ニラ・きくらげ・豚バラ肉の肉野菜炒めが入っていて、

けっこう深みのある味でした。

そしてあらかた麺を食べたら、メニューに書いてあった旨い食べ方に従い、ライスを投入。

CAM00292

なんか、見た目はあまり良くないですが、美味しいおじやです。

食後のミニ杏仁豆腐。

CAM00293

というわけで、野菜タップリの熱々ラーメンにライス・デザートと、かなり満腹になりました。

もしかしたら女性には多いかも。

おすすめ度:70点

あえて言うとすると、麺が伸びるんです。

野菜もどんどん煮えすぎてくたくたになってしまうんです。

それを言ってしまっては石焼の元も子もないのかもしれませんがね。

寒い季節や、それかつけ麺だともっと高得点かも。

でも、味も量も文句なしなので、是非ご賞味を。

北関東・南東北を中心に、埼玉や神奈川の平塚にも出店しているようです。

 

勝浦タンタンメン 三彩亭(千葉県勝浦市)

休日に千葉へ行く用事があったので、勝浦市へ寄り道してラーメンを食べてきました。

この地域でタンタンメンは昔からのソウルフードとのことです。

勝浦タンタンメンとは・・・

中華料理の坦々麺と違い胡麻ダレは使わずに、

基本は醤油ベースに、具は炒めたタマネギ・挽き肉・ラー油などが入っていますが、

それぞれのお店によって創意工夫がしてあり、

「これが真の勝浦タンタンメン」というものはなく、

正会員・準会員40店舗ほどがそれぞれのレシピで提供しているようです。

kmap

わたしが食べたのは勝浦駅ちかくの「三彩亭」さん。

真夏のお昼、気温35度はあろうかという日に訪問しましたが、

そんな暑い日でも、お客さんの95%ほどがタンタンメンをオーダーしていました。

CAM00286

 

麺は普通のタマゴ麺で、具は挽肉、ニラ、玉ねぎ、

スープは醤油ベースにラー油が入ってます。

このかなり大きめに切られた玉ねぎが何とも言えず美味しかったんです。

スープもくどくなくて後味は意外とさっぱり目でGOODでした。

お勧め度:オリジナリティあるご当地フードということで、高評価の80点です。

ただ、事前にイメージしていたのとはちょっと違って、

「勝浦タンタンメンてこんなだっけ?」と思い、

おみやげ屋で購入したものを自宅で作ってみました。

CAM00287

そうそう、このくらい赤いスープの方が勝浦タンタンメンのイメージに近いですね。

もしまた機会があったら他のお店でも味わってみたいと思います。

超とんこつ(沼津市岡一色)

逆光ですみませんm(__)m

逆光ですみませんm(__)m

 

静岡県の三島市へ出張した際に東名高速沼津IC近くのお店に寄ってきました。

沼津グルメ街道沿いの超とんこつ(すーぱーとんこつ)。

横浜家系のラーメン屋さん2店とほぼ隣り合ってる立地で、どのお店にしようか迷いました。

神奈川出身のわたしは家系のラーメンはそれなりに食べてきましたので、

たまには九州とんこつラーメンにしようと、この店に決定。

店内に入ると食券制とのことで、元祖定番と書いてあった、超とんこつラーメンを購入。

写真を見るとキクラゲが多めに乗っているようで、美味しそうです。

これが大きな勘違いでした。

そして追加で替え玉を購入しようとしましたが、見当たりません。

代わりに「大盛り」のボタンがあったので購入。

image

店員さんに食券を渡す際に自分好みのカスタマイズラーメンを伝えます。

image

カウンターには乗せ放題の九条ネギが。

そして、待つこと5分くらいで超とんこつラーメンとご対面。

image

「あれ?」

キクラゲだと思ってた黒いものは、マー油でした。

「そういえばマー油のあるなしを選べるようになってたな、まあいいか」

他の具材はもやし、メンマ、煮豚、ネギが乗っています。

何かがおかしい・・・

恐る恐る具材に隠れている麺を引きずり出すと・・・

太い!!!!

通常の九州とんこつの麺の2倍くらい太いんです。

イメージ的には味噌ラーメンで使うような太さです。

この時のわたしのショックは半端ではありませんでした。

「お腹すいたから替え玉2回くらい行っちゃおっかな~」

なんて気分で入店したのに(T_T)

まあ、確かにどこにも九州とんこつとはうたっていませんけどね・・・

小さくないダメージを払拭できないまま、なんとか気を取り直して実食。

うん、臭みをなくしたクリーミーなとんこつスープに、マー油の香ばしさが絡んで、なかなかの味です。

このお店の特徴は何と言ってもこのマー油ですね。

神奈川の秦野市の名店、Nつっ亭インスパイア系といった感じでしょうか。

わたし個人の評価としては

スープ(マー油含む)・・・90点
麺・・・65点
具材・・・65点
量・・・60点(大盛りにしてはちょっと少ない?)
価格・・・80点

総合・・・75点といったところでしょうか。

勘違いがきっかけの入店でしたが、スープは飲めば飲むほどクセになる味で、

マー油が好きな方にはかなりオススメいたします。